【ベルギー第5の工業都市】リエージュの観光スポット7選

リエージュ

ベルギーのリエージュは、ワロン地方の中でも大きく第5の工業都市です。

日曜になると有名な朝市も開催されています。

ベルギーの中でも最大級と言っていいぐらい、大きな朝市で活気のあるところ。

ブリュッセルから1時間ほどなので、日曜に1日観光するのにもちょうどいいです。

リエージュ?聞いたことあります。有名な観光地とか食べ物とかあるんですか?

そうですね。有名なのはなが~い階段かな。他にも観光スポットと名物料理もあるので紹介していきますね。

今回は行ってきたのが、日曜ではないので朝市はないですが、平日にブラっと街を観光してきました。

きっと素敵な街だと思ってもらえるはずです。

ベルギーのリエージュ

リエージュはブリュッセルから電車(IC)で1時間ほどです。

ワロン地方なのでフランス語が使われています。

Liege「リエージュ」はフランス語読みなので、オランダ語ではLuik「ラウク」です。

なのでオランダ語圏にいる時はLuikとなっていて、始めはそれがリエージュだとは気づきませんでした。

私の住んでいるGent「ゲント」も、オランダ語では「ヘント」です。

二つの読み方を常に知っておかないといけないのでややこしい。。。

リエージュのが一般的なので、ここではリエージュでいきますね。

リエージュまではブリュッセル中央駅から、リエージュギマン駅Liège-Guilleminsまでまず行きます。

ここから乗り換えリエージュ、サントランバート駅Liège-Saint-Lambert / Luik-Sint-Lambertusに行きます。

リエージュギマンから歩けないこともないですが、遠いので乗り換えをおすすめします。

観光でたくさん歩きますからね。

それに、あとからながーい階段も登るので、体力は温存しておきましょう。

2駅で到着するサントランバート駅は終点です。

リエージュ観光スポット

観光スポットの前に。。。

リエージュのギマン駅はなかなか大きくてなんだかアートなかんじ。

有名な人が建設したのかな。。。

金沢の駅に近いような。。。

とにかく近代的なんです。

そこでちょっと気になったので後で調べてみました。

すると世界中で活躍する建築家・サンディアゴ・カラトラバが設計したものでした。

やっぱり有名な人だったんですね。

アテネオリンピックのスタジアムも手掛けています。

でも写真を撮ってなかったので、駅のHPの写真を代わりにどうぞ。

なんとなく金沢駅っていうのに共感してもらえたかな。。。

では、まずは始めにビジターインフォメーションからスタートです。

ここでマップと観光情報をもらいます。

受付の方がとても親切で、夫にはフランス語のパンフレットを、私には英語のパンフレットを渡してくれました。

Collegiale saint Barthelemy 聖バーソロミュー教会

インフォメーションから歩いて、10分もかからない場所にあります。

もらったマップで迷うことなく着けました。

メルヘンチックな教会です。

城壁の外に建てられ、11世紀後半から12世紀後半まで続く石炭砂岩で建てられました。

その後は、何世紀にもわたって改造され現在の建物になりました。

中には入るとこができなかったので外観だけになります。

天気が良いので青に赤が映えますね。

住所  Place St Barthélémy 8, 4000 Liège

また少し歩いて行くと別の教会が見えてきます。

Notre Dame de l’Immaculee Conception

全体が赤い教会って珍しくないですか?

初めて見たかもしれません。

ここも中には入れずでした。

時間も書かれていなかったので、観光では入れないのかもしれません。

でも、もらった観光マップには載っていたので写真だけ撮りました。

住所  Rue Hors-Château 23, 4000 Liège

そしていよいよメインのながーい階段に行きます。

Montagne de Bueren ビューレンの山

これがながーい階段。

374段あるんですって!!

階段の名前は、15世紀にブルゴーニュ公のシャルル・ザ・ボールドによる攻撃からリエージュを守ったヴィンセント・ド・ビューレンにちなんで名付けられました

上まで登ると景色が見れてきれいですよ、ってインフォメーションのお姉さんが教えてくれた観光スポットです。

さっそく登ってみました。

ですが、途中でちょっと休憩しながらじゃないと辛いです。

観光客の方がたくさんいましたが、皆さん息を切らしながら途中で休んでました。

運動を普段からしている人は大丈夫かもしれませんが。。。

私は運動不足であることを激しく後悔しました。

果てしなく長く感じて、ずっと「まだなの?」って言ってたぐらいです。

飲み物買ってから登れば良かった。。。

なんて考えながらひたすら登りました。

で、着いたのがこの景色です。

これだったら正直ナミュールの方が絶景!?

な気がしますが。。。

いかがでしょうか?

でも観光地だし有名なので、一度は登ってみるのがおすすめです。

思い出にもなりますしね。

住所  Montagne de Bueren, 4000 Liège

坂から降りて来たところでちょうどお昼時間だったのと、喉がカラカラなのもあり、ランチにしようという話に。

おもむろに携帯を出してチェックし始める夫さん。

何かと思えばリエージュの名物料理が食べたいらしく、口コミやランキングをみて近くのお店を探してくれました。

Cafe lequet

名物料理のミートボールです。

日本だとミートボールと言えば小さい丸いのがたくさんですが、ベルギーでは大きいミートボールです。

1個か2個か選べるようになっています。

付け合わせには、もう言わなくてもわかるかもしれませんがフリッツです。

ポテトの国ですからね。

そしてソースは特徴的な、リージュシロップのソース

リエージュシロップとは、町発祥の果実を煮込んで作った甘いシロップです。

ベルギーでは煮込み料理に使うのだそう。

あとはパンに付けたりする人もいるらしいです。

それを知らなかった私は、予想に反した味だったので思わず「あっま~。」って日本語で言っちゃいました。

左の白いカップに入っているのはアップルソース。

これは何かにかけるものでもなく、スプーンですくって食べるんです。

ジャムのような感じだと思ってもらえたら。。。

もちろんアップルソースも甘かったです。

何でアップルソースと一緒に食べるのかはわかりませんが、ベルギーではたまにアップルソースが付いてきます

住所  Quai Sur – Meuse 17, 4000 Liège
営業時間 月・木~金 12:00~14:30 18:00~21:00 日曜 6:00~15:00 【火曜定休】

Palais des princes-eveques プリンスビショップス宮殿

中心部のサンランベール広場にあるパレスに来ました。

王家の人たちがここで昔住んでいたんですね。

この周辺は、ショッピングモールなどもあって、人通りが多いです。

スーパーもあったので、水を買うために「デレーズ」に寄りました。

日本でもよく見るようなお店もたくさんあります。

住所 Place Saint-Lambert 18, 4000 Liège

Collegiale Saint Jean l’Evangeliste 聖ヨハネ伝道者教会

人通りの多いとこを抜けていくと、その先に見える建物が聖ヨハネ伝道者教会です。

でもやっぱり中には入れませんでした。

と思ったら空いてる時間自体がそもそも1時間しかありません

中も見学したいなら時間を合わせるしかないですね。

住所  Pl. Xavier-Neujean 32, 4000 Liège
営業時間 月曜~土曜 12:00~13:00 水曜 19:30~20:30 日曜 18:00~19:00 【土曜定休】

Cathedrale Saint Paul 聖ポール大聖堂

最後は聖ポール大聖堂です。

外装が工事中でしたが中には入れました。

光がたくさん差し込んでいて、すごく明るい教会です。

フランス革命の間に、リエージュの古代大聖堂、サンランベール教会が破壊されました。

革命後、かつてのセントポール教会の教会は昇格し、現在のリエージュ大聖堂になったそうです。

ステンドグラスも素敵ですね。

内部にはいくつかの絵画が展示されています。

住所  Place de la Cathédrale 6, 4000 Liège
営業時間 8:00~17:00

リエージュ観光まとめ

リエージュの観光スポットは、どこもインスタ映えするようなスポットばかりでした。

名物料理は予想外の味でビックリしましたが、リエージュならでは物が食べられて良かったです。

アントワープ、ゲント、ブリュージュなど北のフランダース地方に比べると、田舎でのんびりしている雰囲気だと感じました。

素朴な田舎を感じるリエージュも、観光プランに入れてみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました