【国際恋愛】遠距離になった時の連絡頻度と失敗しないためのコツ

遠距離恋愛

日本人同士ならずっと日本にいられるから、遠距離になっても簡単に会えます。

でも国際恋愛となればそうはいきませんよね。

私の夫はフランス人ですが、ワーキングホリデーで日本に来てから、お付き合いが始まりました。

なので付き合って1年後にはVISAの関係で遠距離に。。。

日本とフランスで1年間離れ離れでした。

遠すぎる遠距離恋愛は辛いしさみしいし、不安にもなります。

そんな時にどう乗り切るか、遠距離になった時の連絡頻度と、失敗しないためのコツを紹介します。

国際恋愛で遠距離はつきもの

国際恋愛につきものなのが遠距離です。

出会いはそれぞれだと思いますが、知り合ったのがネットやアプリで元から遠距離だったり。

留学中に出会ったり、海外旅行中に出会ったり。

うちみたいにワーキングホリデーで、日本に来ている時に付き合ったり。

どの出会いもVISAの関係で、遠距離になる国際恋愛のカップルが多いですよね。

夫は当時ワーキングホリデーだったので、1年以内に日本で仕事も見つけたのですが。。。

その後VISAのスポンサーが見つからず、帰国しざる得ない状況になりました。

その後はフランスと日本を行ったり来たり

交通費だけでもバカにならない距離でした。

遠距離中には何度別れようと思ったことか。。。

それでも一緒にいて国際結婚をしたから、今ここ(ベルギー)にいます。

国際恋愛で遠距離中の連絡頻度

国際恋愛の場合、遠距離中の連絡頻度ってどれぐらいが平均なんでしょう?

気になったので調べてみました。

すると毎日連絡を取り合うのが94%となっていました。

ちなみにこれはメールやラインのテキストの連絡頻度です。

うちの場合もテキストは、毎日送り合ってコンタクトを取っていました。

テキストならいつでも送れるので、そんなに気になりません。

でも電話となると、国際恋愛ならではの時差が問題になります

タイミングを合わせないといけないので、連絡頻度は多少減ります。

フランスと日本は夏は7時間、冬は8時間あるのでお互いの負担を考えて、週末だけテレビ電話をしていました。

国際恋愛カップルがする電話の頻度は、毎日するカップルが36%

その次が1週間に1回で19%となっています。

週に1回でも顔を見ながら話すと安心できますよね。

遠距離にテレビ電話は欠かせないツールかもしれません。

そして遠距離中に私たちがお互いに、行き来をしたのは3カ月に1回でした。

彼が2回日本に来て、私も2回ベルギーに。

旅行気分が味わえるので、私にとってはメリットもありました。

が、それでも遠距離は高くつきます

宿泊先はお互いの家なので必要なくても、飛行機代だけで15万ぐらいかかりますからね。

あまり長く遠距離を続けていると家計も圧迫します。

国際恋愛の遠距離で大変なこと

会いたいときに会えない

国際恋愛の遠距離は、日本の遠距離とはわけが違います。

「会いたくなったから、今から行っていい?」

って言えたらどんなに良いことか。

会おうと思ったら、まず飛行機のチケットをとらないといけません。

思い立ってもすぐに会えないのが辛いところです。

精神的に落ち込んでいる時や、そばにいて欲しい時になんでいないの?って考える事も。。。

また逆に相手がネガティブになっている時に、そばにいられないとこが辛くなるとこも。。。

でも会えないのは仕方のない事で変えられないので、そんな時は週末じゃなくてもテレビ電話をしていました。

あとはイベントの時に辛くなります。

バレンタイン、ホワイトデー、誕生日、記念日、クリスマス、年末年始。

なるべく一緒にいたい行事ごとがある月は、会えるように調整したりしてました。

会いに行くときには長期の休みが必要

実際に会いに行くお金があったとしても、長期の休みがなければ会いに行けません

ヨーロッパの場合は、直行便でも12時間はかかるので、1週間以上は欲しいです。

そうなると有給を使うしかないですよね。

私の場合は有給も取れて、長期の休暇も取れたので問題ありませんでしたが、なかなか休みが取れない人は、会いに行くのが難しいかもしれません。

夫の職場もバケーションがあるので、休みをとるのは問題ありませんでした。

日本よりヨーロッパの方が休みは取りやすいかも。。。

急に連絡が取れないと不安になる

連絡のツールはLINE、メッセンジャー、電話、パソコンのメールなど万が一のために1つのツールだけでなく他にも手段を持っていました。

でも一度連絡が取れない事件が発生しました。

それは私が2週間ほど旅行した時の事です。

日本にいたころに、小笠原諸島へ行きました。

行ったことのある人は、知っていると思いますが、船で23時間かかります。

移動中は時々他の島に近づいた時だけ、携帯の電波が入るだけ。

あとはほとんど電波なしです。

なので音信不通になります

そのことを事前に話していたのですが。。。

いつ電波が入るのかはわかりません。

やり取りしてる最中に、メッセージが見れるけど送信できない状態に。

彼は「既読なのに何で返さないんだ!」って送ってくるのですが見れても返せません。

それから小笠原諸島に到着し、落ち着いてから送信したのです。

しかし、そのころには不機嫌で、「オンラインになっているのに何で返さないの?」

って詰め寄ってきました。

オンラインになってないのに。。。

こっちはこれから観光で楽しむモードなので、それどころじゃないのにと、面倒になったのを覚えています。

でも遠距離だから、不安だったのか。。。

後からごめんねとなりました。

遠距離で失敗しないコツ

連絡はペースに合わせて取る

お互いの仕事や予定などを、まず第一位優先させなければいけません。

テキストのやり取りぐらいなら毎日できると思いますが、電話となるとお互いの調整が必要ですよね。

時差もあるし仕事もあるし他にも色んな予定が。。。

そうなると、毎日連絡を取るのが難しくなります

お互いの負担になるぐらいなら、毎日連絡を取り合う必要もありません

始めにあらかじめ話し合って、一週間に1回、一週間に2回など決めておきます。

その後は無理のない程度に、決めた日に電話をすればいいのです。

でも、ここで注意してほしいのはあくまでも臨機応変に

一応決めておきますが、急な変更もあります。

快く応じる余裕がないと、遠距離は長続きしません。

相手を信用する

遠距離だと相手の行動が見えないから不安になりますか?

不安になるのは

  1. 相手を信用していない
  2. 自分に自信がない

このどちらかです。

相手のことがちゃんと信用ができ、自分にも自信があれば不安がなくなります

そうなると遠距離でも長続きします

うちの場合は完全に信用してましたね。

絶対に大丈夫だって根拠のない自信もありました。。。

忙しく充実した毎日を送る

これはさみしさを紛らわすのと、考える時間をなくすためです。

色々と考えてさみしくなったり、会いたくなったり相手のことを考える時間を、そもそも減らそうというわけです。

物理的に時間に余裕がなくなれば余計なことは考えません

なので

  • 趣味を作る
  • 予定を入れる
  • 旅行に行く

など楽しくてのめり込めるとこが他にあればいいですね。

私は旅行とダイビングが趣味なので、1カ月に1度は旅行してました。

他にはエステやマッサージなど、リラックスできて時間のかかる予定も、たくさん入れてましたね。

おかげで遠距離でも、さみしさを感じるとこがありませんでした

プライベートを充実させるのは、自分磨きの為にもなるのでおススメです。

最終的な目標を話し合う

2人の将来はどうなるのか。

ずっと遠距離が続くと、一番不安に思うのはそこですよね。

このまま離れて別れちゃうのではないか。。。

なんて考えるとこもあります。

お互いに将来のことをどう思っているのか。

いつまで遠距離を続けるのか。

どっちの国で一緒に住むのか。

そこは二人で話し合って、決める必要があります

最終的なゴールが決まっていれば、二人でその目標に向かっていくだけです。

将来的なことが決められないようなら、残念ながら上手くいかないかもしれません。

国際恋愛で遠距離する時のまとめ

国際恋愛の場合、遠距離で連絡を取り合う頻度は、テキスト、電話共に毎日と答えたカップルが多かったです。

ですが、お互いのペースに合わせて話し合いながら、負担のないように連絡を取り合うことが続けるコツになります。

そして最終的なゴールを決め、遠距離恋愛を2人で乗り越えて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました