ベルギーの交通機関はこれで完璧【電車・トラム・バスの乗り方】

ゲントの街

ベルギーは国が小さいので、ブリュッセル・アントワープ・ゲント・ブリュージュなど人気の都市観光が鉄道で楽にできちゃいます。

交通機関を使いこなせば、旅行も効率よくなりますよね。

でも、どのチケットを選んだらいいかわかならい。。。買い方も難しそう。

たしかに、色んなタイプのチケットがありますよね。

そこで、ベルギーの交通機関を乗りこなせるように電車・トラム・地下鉄の

  • チケットのタイプ
  • チケットの買い方
  • 所要時間と料金
  • 注意点

について紹介します。

ベルギーの交通事情を、バッチリおさえましょう。

ベルギーの電車

チケットのタイプ

電車のチケットのタイプは

  • 平日の往復・片道【Standerd ticket】
  • 土日・祝日の往復・片道【Week end ticket】
  • 25歳以下【Go pass 】
  • 65歳以上【Senior ticket】
  • 12歳以下【Child ticket】
  • レイルパス【Rail pass】

に分かれているので、順番に説明していきますね。

平日に電車を利用するときは、一般なスタンダードチケットになります。名前の通り月曜から金曜まで利用できるチケットです。

次は週末だけ使えるチケット。

一般も週末も往復と片道が選べますが、週末チケットは往復で購入すると半額料金になります。

ベルギーの祝日も対象です。

25歳以下の場合はどこの駅に行くにも一回料金が6.6ユーロのGo passが買えます。

よほど近距離でない限りはお得です。

ただし年齢を証明できるものが必要になります。

日本語の証明書ではダメなので

パスポートを持ち歩いて下さい

シニアは65歳以上です。

どこに行くにも一回6.8ユーロになります。

同じく年齢証明が必要なので、パスポートが必要ですね。

12歳以下はチャイルドですが、なんとベルギーは大人1人につき4人の子供までタダなんです。

なんて寛容な国なんでしょう。

しかし、子供だけで乗る場合は料金がかかり、大人の半額になっています。

レイルパスはどこの駅も一回8.3ユーロです。

でも10回分のチケットしか売っていないので、10回電車に乗るならってかんじになります。

旅行中に10回はなかなか厳しいような気もしますが。。。

機会があるならお得なのでおススメです。

チケットの買い方

電車のチケットの買い方については、以前ブリュッセルからゲントに行く方法で説明しています。

事前に予約する必要はないので、券売機での電車のチケットの買い方はこちらを参考にして下さい

所要時間と料金

観光でよく行く駅までの所要時間と料金を表にまとめました。

全て一般での料金で、出発地点はブリュッセル中央駅からになっています。

片道ゲントブリュージュアントワープ
所要時間35分1時間5分45分
料金9.1ユーロ14.3ユーロ7.5ユーロ

他の駅の料金も調べたい方は、ベルギーの鉄道HPを載せておくので参考にして下さい。

事前にネットでチケットを買っておきたい方も

「nmbs」の公式サイト

で予約できます。

左の青い部分に出発・到着駅を入力するだけです。

Plan my journeyをクリックすると、クラスと往復・片道か選ぶ画面に進みます。

1等か2等か選びます。

1等がちょこっと良いクラスで、2等が普通のクラスです。

戻るのであれば、あらかじめ往復で買っておくと楽になりますね。

そして、黄色で囲んであるところをクリックすると、最後にタイプが選べます。

タイプは一番初めに説明しましたね。

最後に支払い情報を入力して完了です。

VISAカード、マスターカード、アメリカンエクスプレスが使えます。

電車の注意点

注意点は3つ

  • 遅延やキャンセルが多い
  • 変更がある
  • 置き引きに注意

遅延やキャンセルが多いので、時間通りにいかないことがあります。

なので、旅行の計画が前後するとこがあるかもしれません。

予定を組むときは時間に余裕を見て下さいね。

遅延やキャンセルが原因で、ホームプラットの変更もあります。

自分の電車はよく確認してくださいね。

そして、電車の中での犯罪に注意してほしいです。

ベルギーは比較的安全ですが、日本に比べたら治安は良くありません。

特に荷物には注意が必要です。

電車内での防犯対策も含めて

ベルギーの治安と対策についてはこちら

ベルギーのトラム・バス

ベルギーではトラムとバスは同じ会社が運営しています。

しかし、オランダ語圏とフランス語圏で運営会社が違うんです。

ブリュッセルではトラム、バスを使わなくても歩いて観光できちゃうので、オランダ語圏の会社「De Lijn」の交通事情をお伝えします。

トラムとバスをまとめて書いたのは、会社が同じでチケットも同じだからです。

チケットのタイプ

オランダ語表記なので、なんのこっちゃって感じですが

  • Enkele rit【1回分のチケット】
  • Lijinkraat【10回分のチケット】
  • DagPas【1日分】
  • Driedagenpas【3日分】

になっています。

1回分のチケットは、1時間以内であれば何回も乗り降りができます。

10回分は1回分が10セットになったものです。

1日分は24時間、3日分は78時間有効なチケットです。

チケットの買い方

De Lijinと書かれた黄色いマークが目印の場所で購入することができます。

まずはこのマークを探して下さい。

このマークのある場所ならどこでも扱っています。

駅周辺には何か所かあるはずです。

私の住んでいるGentでも駅をでてすぐ左手側にあります。

チケット売り場の方は英語が話せるので、どの種類が欲しいのかは英語で大丈夫です。

駅の券売機でも購入することもできます。

が、注意して下さい。

車内は割高でお釣りがない事もある

なので、乗車する前に買うのがおすすめです。

チケットの料金

チケットの料金を表にまとめました。

どこまで乗っても同じ料金です。

種類大人子供アプリ
Enkele rit 2.5ユーロ2.5ユーロ1.8ユーロ
Lijinkraat16ユーロ16ユーロ15ユーロ
DagPas7.5ユーロ4ユーロ7.5ユーロ
Driedagenpas15ユーロ8ユーロなし

アプリと書いてあるのは、アプリを事前にダウンロードして、アプリからチケットを購入した時の料金です。

HPのQRコードを読み込んで登録するだけなので簡単。

かなりお得になるので利用しない手はないですね。

アプリのダウンロード方法については「De Lijn」のHPで説明しています。

詳しい情報を知りたい方はこちら「DE Lijn」

トラム・バスの注意点

注意点は

  • ドアは自分で開閉する
  • チケットのスキャンを忘れない
  • 降りる際は意思表示

この3つになります。

日本では駅に着くと自動で扉が開閉しますよね。

でもベルギーでは手動です。(バスは自動)

トラムは扉に丸いボタンがあり、それを押さないとドアは開きません。

それを知らない人たちは、駅についてもドアの前でいつまでも待っている。。。

そんな光景を何度か見ました。

ボタンが赤いうちは開きませんが、グリーンの時は開くので、ボタンを押して乗り降りして下さい。

そして、乗車をしたらチケットのスキャンを忘れずに

出入り口に機械が置いてあります。

降りるときも、車内にあるボタンを押して意思表示しないと止まりません。

観光スポットなら誰かが押してくれるので、大丈夫かとは思いますが。。。

他に降りる人がいない場合は、ボタンを押してくださいね。

ブリュッセルの交通機関

ブリュッセルの市内だけ全て一緒になった「Jump」パスがあります。

これで1枚でブリュッセル市内の電車・トラム・メトロ・バスが乗れるので、市内観光であちこち回りたい方は買っておくと良いですね。

種類回数/時間料金
Jump 1 rit1回分2.1ユーロ
Stadskaart (10 ritten)10回分14ユーロ
Jump 24 uur24時間7.5ユーロ
Jump 48 uur48時間14ユーロ

購入できる場所はブリュッセル市内の券売機です。

電車の駅に置いてあります。

ベルギーの交通機関まとめ

ベルギーは英語でなく、フランス語、オランダ語なので、ちょと難しく感じるかもしれません。

車内のアナウンスもフランス語、オランダ語です。

慣れないかもしれませんが、ベルギーの交通事情を知っていればハードルも低くなります。

どのチケットのタイプが良いのか、自分の観光ルートに合わせて、賢く買ってお得に効率よく利用して下さい。

タイトルとURLをコピーしました