いつから海外旅行に行けるのか?EUのプラットフォームでチェック

新型コロナウイルスで、いつから海外旅行にいけるのか?気になるとこですよね。

ヨーロッパでは、少しだけ行動範囲が広がりました。

日本からはまだ入国できない国が多いですが、来月からは徐々にその規制も緩和する見込みです。

ではどこの国が行けるのか、見れるプラットフォームがあるのでご紹介します。

EU連合のプラットフォーム

欧州委員会がヨーロッパ全体の移動ができる国を、まとめたプラットフォームを作りました。国の名前を入れるだけで簡単に調べることができます。

観光客が夏と以降の旅行と休暇を計画できるように、国境、利用可能な交通手段、旅行制限、公衆衛生と安全対策、および旅行者のための他の実用的な情報に関するリアルタイムな情報を提供しまています。

言語設定は英語になっています。他の国も選べるのですが、UEの言語ばかりで日本語は見当たりませんでした。

使い方は簡単

そのプラットフォームがこちら「EU 

クリックするとしたの画面に切り替わります。

EU加盟国の国名を選択できるようになっているので、自分の行きたい国を選んで下の「Go」をクリックします。

ベルギーの場合は、英国と他の4つのシェンゲン協定国(スイス、リヒテンシュタイン、アイスランド、ノルウェー)を含む欧州連合との間で家族の訪問などはできるようです。EUおよびシェンゲン協定国外への非本質的な旅行は、7月1日まで禁止されたままです。と書いてあります。

グリーンのアイコンを押すとそれぞれの細かい情報が出てきます。

これですべて把握することができます。ただEU加盟国だけなので、アメリカ、アフリカ、アジアなどの情報は載っていません。

いつから旅行に行ける?

現段階では7月1日からの国が多いようです。が、今後のコロナウイルスの状況によって変わる可能性はあります。

ただ、飛行機が飛ぶかどうかですね。

日本からとなると直行便はまだ先なのでしょうか。そうなると旅行の計画を立てても、キャンセルしなければならない状況になることもありえます。

今は、確実に行ける国、もしくはキャンセルができる航空券を予約しておくのが無難と言えます。

まとめ

新型コロナウイルスが拡大して海外旅行に行けなくなったことは、旅行好きにとっては本当につらいものです。

いつ行けるのか、情報をチェックする毎日。少しでも早く「入国できる」という情報がほしいですよね。

ヨーロッパだけの情報ですが、少しでもこの記事が役に立てば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました