リエージュで本場のベルギーワッフルを食べよう【おすすめのお店紹介】

ワッフル

ベルギーはワッフルで有名なのは皆さんご存じかと思います。

が、ベルギーワッフルには2種類ある事は知っていましたか?

えっ!知らないです。。。

実は私も知らなかったけど、1つはブリュッセル風。もう1つはリエージュ風です。

今回はリエージュに行き、本場のリエージュ風ワッフルを食べてきたので紹介します。

リエージュってどこ?

ベルギーの旅行でリエージュはあまり選択肢にないかもしれません。

ブリュージュやゲント、アントワープの方が断然人気ですよね。

でもリエージュにも魅力はたくさんあります。

その魅力を伝えるべく、観光やレストランは別の記事で紹介しますね。

これを読んだらきっとリエージュも選択肢の一つになるはずです。

リエージュ風とブリュッセル風の違い

始めに2つの種類の違いを説明しておきますね。

ブリュッセル風は長方形をしています。

ワッフル自体は甘味がありません。

なので、粉砂糖や生クリーム、チョコレート、アイスクリームなど様々なトッピングをして食べるのが特徴です。

生地は軽くてサクサクとした触感になります。

私が普段よく食べているのはこのブリュッセル風です。

ただ食べ歩きには向いていないので、カフェに入った時のみにしています。

そして、今回食べて来たリエージュ風。

こちらはワッフル自体にパールシュガーが入っていて、甘いのでトッピングしないのが一般的です。

あるとしたらチョコレートでコーティングするぐらいかな。

だから、リエージュ風は簡単に食べ歩きができます。

私も街を観光しながら食べてました。

触感も全然違い中身がギュッと詰まっていて、モッチリした触感になっています。

どちらが好みかはそれぞれですね。

本場のリエージュ風ワッフル

A Wafer Saperlipopette

リエージュで人気のパン屋さんです。

もちろんワッフルも有名で人気があります。

本場のリエージュ風ワッフルが美味しいことは?

と言えばここの名前が上がるほど、地元民にも知られているお店なんです。

タイミングによっては待つこともあるみたいですが、平日だったせいか待つことはありませんでした。

本場で食べると日本で食べるのと違って美味しくかんじます。

っていうか。。。本当に味が全然違うのはなぜなんでしょうね。

住所 7, Rue des Mineurs, 4000 Liège,
営業時間 火~日曜 9:00~18:00

そしてもう一つ有名なお店がこちら。

Sandwicherie Pollux

名前にもある通りサンドイッチも有名なお店で、地元民や観光客で賑わっています。

「聖ポール大聖堂」の広場にあるのでわかりやすく、人だかりを見つけたらそこがお店です。

アツアツのワッフルは、そのまま広場で食べるのがおすすめ。

店内でも食べることができますが目の前は広場です。

ロケーションも良くのんびりできますよ。

しかもなぜか店内だとワッフルが高くなります

その差は0.5ユーロなので大したことはないですが。。。

住所 Place de la Cathédrale 2, 4000 Liège
営業時間 10:00~18:30【日曜定休】

リエージュ風ワッフルまとめ

リエージュはマイナーな都市ですが、ワッフルを食べに行くだけでも価値がある!

とまでは言いません。。。

が、素敵な景色とヨーロッパらしい建物がいっぱいあって、散歩をしながら観光もでます。

意外とショッピングセンターも多く、1日楽しめるスポットもたくさんありました。

定番の観光スポットに飽きたらぜひ訪れてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました